板金・塗装・修理

>> ホイールアライメント

アライメントとサイドスリップの違いを皆さんは、ご存知ですか?
車検などで行っているサイドスリップと4輪トータルアライメントはまったく別のものです。
操縦特性でお悩みでしたら是非一度ご相談下さい。


G-SWATの特徴

従来のアライメントテスターは、爪のようなものでホイールにセンサーをかませていますが、 G-SWATは回転するゴムローラーを押しつけて計測しますので走行中に近い環境でデータがとれること大きなメリットです。


一年を通して安心して走れるように、アライメントをとってみませんか?
タイヤの片減り、ハンドルが取られる、まっすぐ走らない等、お気軽にご相談下さい。
当社の熟練したスタッフが、安心して走れる車になるように御手伝いします。


※表示価格は税抜きです。
測定料 12,000円
調整料(1輪)
(調整で加工を要する場合は別途)
4,000円

G-SWAT g-SWAT
車体設置前 G-SWAT測定器
G-SWAT G-SWAT
測定中 測定中
G-SWAT G-SWAT
調整中 ジャッキアップしたところ

ホイールアライメント解説

TOE トー

TOE

車両の走行抵抗にによりタイヤ前後の開閉を防止するために設けている数量。

不具合

タイヤの偏摩耗

トーイン過大
タイヤは常に外側から内側へこすられる。

トーアウト過大
タイヤは常に内側から外側へこすられる。

過大なトーイン、トーアウトは、タイヤの摩耗が早く、燃費が悪化する。
フロントトーは走行状態で並平行が理想です。

CAM キャンバー

キャンバー

ステアリング操作力の軽減・荷重時の適正キャンパー・旋回性能の向上のために設けている角度。

不具合

過度のキャンパー

プラス側に設定されていればタイヤの外側が摩耗。
過度の左右差が30度を超えるとプラス側の方向へステアリングは流れます。

CAS キャスタ

キャスタ

自転車の前輪と同じで車輪の直進性、ステアリングの安定性向上のために設けている角度。

不具合

キャスタ過小
旋回時のステアリングの戻りが悪い。

キャスタ過大
旋回時、ステアリングホイールを保持するのに大きな力が必要。

左右不等キャスタ
高速走行時及びブレーキング時、ハンドルを取られたり流されたりする。

RTC スラスト角

スラスト角

車の中心を基準とし、車の直進方向との角度。

不具合

スラスト角過大
斜め走行するためステアリング操作は不安定。
タイヤの早期摩耗が発生。
轍に取られやすく振動が発生する。
急加速・ブレーキング時にハンドルを取られる。

車の進行方向は後輪により決定されています。


お客様紹介

ご利用誠にありがとうございました!

1 2 3
4 5 6

ホイールアライメントのことなら

詳しくはフリーダイヤル0120-81-7216までお問い合わせ下さい。
>> メールフォームはこちら